新しい学校に赴任してから約1ヶ月。
今まで経験したことのないことも担当しているし、
地域の雰囲気も今までと全然違うし、
慣れるのに精いっぱいというか新鮮というか…

ただひたすら「役に立ちたい」の気持ちだけで過ごしてきた。
私だって年も年だから、中堅というか働き盛りというか、
今は仕事がおもしろい。

あと、職員室でも空いた時間に英語の勉強をするようになった。
英検用の勉強と教員採用試験用の勉強。
これもまた、楽しい。
英検はこないだ申し込んだ。
教員採用試験も、大学の卒業証明書を取り寄せたりとか、
応募の準備しなくては。

さぁ、5月もがんばるか~。

入学式×2

勤め先の入学式と
娘の入学式が重なった。
でも勤め先のが午前で娘のが午後だから、
どちらにも出席できた。

朝から式服を着て出勤。
私は1学年副担任なので、
入学式からその後の学活まで
新入生を見守った。
新入生たちはガチガチに緊張していて
かわいかった。
今度はこの子たちと過ごすんだな~と感じた。

生徒たちを帰したら急いで自宅に戻り、
娘の入学式に出かけた。
とにかく人だかりで(笑)
娘の入場や退場はよく見えなかったけれど、
ついに高校生になったんだな~と感じた。

余談だけれど、
娘が進学した高校には
私が勤めていた中学校の生徒が多数進学するため、
かつて教えた生徒が娘と同じクラスだったりする・・・

とにかく「入学式のハシゴ」は大変だった!
でも、心地良い疲れ。

娘、改めて入学おめでとう。

今日は無所属

私の辞令は3月30日まで。
今日の分は無い。
つまり、今日は無所属ということになる。
(無職?)

H27年度までは、産休・育休をとる先生の代わりの講師だった。
だから3月31日までの辞令。
でもH28年度は誰かの代わりではなく、単に職員補充としての講師だった。
だから30日まで。

辞令が切れるので退職扱い。
これは厳しい。
健康保険もせっかく共済組合だったのに、社会保険になる。
厚生年金も今日1日途切れる。

ちゃんと採用されないと、こういうことになるんだな。

とにかく無所属扱いの今日。
せっかくだから無職らしく、ママ友ランチしてきた!
おいしかった!!
デザートまで満喫。
おしゃべりしながらまったり過ごした。

そして、娘の高校の制服が準備できたので、引き取りに行ってきた。
あぁ、ついに地元の高校の制服を着る時がきたのだ。

もうすぐ夕方・・・
まだ時間があるから片付けしよう。
娘が塾から帰ってきたら、制服を着させてみよう。
夫と娘においしい夕食作ろう。

明日の4月1日から、次の学校の職員だ。

新任校へ

新任校は自宅から離れている。
車で40分ほど。
運転が苦手なので、これは大変だ。

平成18年度~20年度までの勤務校での通勤を思い出す。
あの頃は娘が幼稚園→入学で、
延長保育をしてもお迎えに間に合わず、泣いたっけ・・・

まぁ、通勤は置いといて・・・

山の中にある学校だ。
木造校舎は新しく、気分はいい。
特別支援学級の関係で(?)規模の割に職員が多いと感じた。
これは心強い。

私は1年生副担任、1年生の英語を担当する。
部活動は副顧問。
授業に集中できそうだ。

新任校での挨拶が終わった後、
今の学校に戻って片づけをした。
私はついつい会議資料とか「参考にするかも」なんて
とっておいてしまうタイプなのだが、
思い切って処分した。
これは、寂しい。

さて出勤も29日、30日の2日間だ。
立つ鳥跡を濁さず。
しっかり終えてこよう。

娘にスマホ

娘の合格発表が火曜だったので
火、水、木、金と待ってもらい、
週末にようやく娘にスマホを契約した。

自分のスマホ、自分の番号、自分のメアド・・・

親としてちょっと脅かすくらいに
使い方について話した。

高校からの春休みの宿題をチェックしたら
もう終わるところだった。
その代わりほとんど毎日塾の授業があるから、
もしかしたらスマホにどっぷりつかる余裕は
ないかもしれない。

とにかく慎重に使ってほしい。

でも、これは合格祝いだから。
改めて娘、合格おめでとう。

送別会へ②

今夜は自分の勤め先のPTA送別会に出席した。
昨夜は挨拶する側だったが、
今夜は挨拶される側。
花束3つ!
玄関の花の香りハンパない。

1年しかいなかった。
学習指導に力を入れたが、
やり残した感がある。
やはり3年かけてじっくり育てないとね・・・

たった1年でも生徒たちに情は移るし、
校舎に愛着もある。
正直、離れたくない。

でも仕方がない。
次の勤務先でがんばるだけだ。

生徒たちとは来週また会える。
たくさん声かけて、去ることにしよう。

送別会へ

娘の中学校のPTA送別会に出席してきた。
だいたい自分の勤め先のと日程が被るから
参加できないことが多いんだけど、
今年は別日だったから参加できてよかった。

娘は高校入試の再募集に挑戦したのだが、
願書の準備、出願、面接練習、学習指導、
入試当日の引率、合格後の書類受け取り・・・
ほんっとに手間をかけさせてしまった。
お礼を言わなければ気が済まない。

担任の先生、学年主任、吹奏楽部の顧問の先生、
そして校長先生。
すべて廻って挨拶させていただいた。
「この度は御面倒をおかけしました、ありがとうございました。」
なんかちょっと泣きそうになった。
ほんともう、お礼しかない。
先生方は暖かく励ましてくれた。

娘の担任の先生は移動しない。
留任だ。
つまり運動会や文化祭に遊びに行けば会える、ということだ。
よかったね、娘。

塾 家族会議

娘が「むずかしい~!」と言いつつ
高校数学・高校英語に挑戦している姿を見ていると
よくここまで勉強する気になってくれたな、と
親として嬉しく思う。

ただ、今までお世話になってきた塾は
高校生の授業は数・英の2教科のみ。
残りの3教科は動画授業だ。

娘は国立大学を目指す。
しかも地元の高校だから、学校での勉強は期待できない。
それならやはり5教科しっかり教えてくれる塾を探したい。
まぁ動画授業がどんなものなのかわからないので
不安になっているだけかもしれないけど・・・
・・・という感じで、家族で今後の勉強の仕方について
話したり考えたりしているところだ。

う~ん・・・どうやって大学受験に対応させようかな・・・

サクラ 咲きました

満開のサクラが咲き誇った、とは言えないが、
しんみりと、ひっそりと、娘のサクラが咲いた。

地元の高校に進学が決まった。
最後の最後まで私立と天秤にかけたが、
我が家は地元の高校と進学塾で
勉強させることに決めた。

決まった、とは言っても第二希望の科での合格だ。
進学校に通うつもりでいたことを考えれば、
ずいぶん格下になってしまったな、と思わざるを得ない。
我が家の受検は失敗だったのだ。

でも、せっかく咲いたサクラ。
いいじゃないか。
堂々と通わせたいと思う。

決まってよかったね、娘。
また3年一緒にがんばろう。

サクラ 未だ咲かず

娘の第一志望校のサクラが咲かなかったことがわかった。
残念なことではあるが、全て家庭の責任。
私たち夫婦のサポートが足りなかった。
娘自身の気持ちも甘かった。
それだけだ。

さてこのまま滑り止めとして合格していた高校に・・・
と思っていたのだが、
ふと調べてみたら地元の高校に欠員が出て、
2次募集をすることが判明。
例年欠員は出ず2次募集なんかしない高校なので珍しいことだ。
娘は、その2次募集に挑戦したい、と。

娘の中学校に2人で出向いて、願書を書いてきた。
すぐ出願し、すぐ試験だ。
しかし、合格する保証なんかどこにもない。
娘のように進学校の受検に失敗した生徒たちが
今年の珍しい2次募集に飛びつくだろうから。

まさか、地元の高校に出願することになるとは・・・
不合格と出願と一気に押し寄せ、
さらに合間を縫って出勤して授業してきたりして、
何とめまぐるしい一日だったことか。

娘のサクラ未だ咲かず。
2次募集で咲かせるか、滑り止めで咲かせるか。
あともう数日の辛抱だ。